VISA(査証)とは、外国人が日本へ入国する際に、その外国人の旅券(パスポート)が有効であることを証明するもので、入国に当たって特に問題がないであろうということを文書にしたものです。
パスポートに証印(シール)が貼付されるのが通常です。
一方、在留資格とは、外国人が日本で行うことができる活動を27の資格に分類したもので、入国後に行うことができる活動を指定したものです。
一般的に、「VISA」と「在留資格」を混同して使われていますが、厳密には違うものなのです。
在留資格の例:投資・経営
外国人が日本で実質的に会社を経営したり、管理運営する場合、投資・経営のビザを取得する必要があります。
投資経営のビザは、社長、取締役など、事業の経営又は管理に実質的に参画する者に対して出されます。
さらに、経営を行う者(社長や取締役)は、一定の申請要件(投下資本の額、事務所の設置等)を備えた上、事業計画書、登記簿、損益計算書など様々な書類を提出しなければなりません。 
投資経営は取得も更新もハードルの高い在留資格です。

  office 大阪市中央区南船場1丁目11−9 長堀八千代ビル2F
t e l  06-6271-1081  I P phone  06-6271-1082
f a x  06-6271-1083  
e-mail info@koh-office.com