日本に不法滞在する外国人の方は「出入国管理及び難民認定法」という法律で、日本から出国することを前提とした退去強制手続きを受けることになります。
しかし、何らかの理由で、「このまま日本で生活したい」という外国人の方は在留特別許可の手続きの中でその理由をあげて、引き続き日本で生活したいことを申し出ることができます。
在留特別許可は退去強制手続の一環として行われるものであって、在留特別許可という特別の申請手続があるというものではありません。
あくまでも、不法滞在者に対する退去強制に対して、法務大臣による裁決のうちの特例的に行われる人道的な救済措置なのです。
ですから、不法滞在に至る事情は様々であり、やむを得ないと認められた場合のみ日本滞在が認められる特例的措置ですので、申請すれば、不法滞在が解消され、収監もされずに、簡単に許可されるというものではありません。

  office 大阪市中央区南船場1丁目11−9 長堀八千代ビル2F
t e l  06-6271-1081  I P phone  06-6271-1082
f a x  06-6271-1083  
e-mail info@koh-office.com