行政書士って何をする人?


行政書士は、一言で言って、困っている人を助けるのが仕事です。
かたくるしく言うと、他人の依頼を受け報酬(お金)を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行う国家資格者です。
むかしむかし、昭和の20年ごろまでは、行政書士は代書人(代書屋など)と呼ばれていて、字がかけない人や書類手続きに不慣れな人に代わって書類や訴状を作成することを仕事としていました。つまり、行政書士制度の始まりは、社会的弱者の救済が目的とされていたのです。
現在の行政書士法でも、その目的を定めた第1条で、「この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、行政に関する手続の円滑な実施に寄与し、国民の利便に資することを目的とする。」と書かれています。
弁護士や司法書士と並ぶ法律系三大資格(?)とも言われている行政書士は、国や地方公共団体(オオカミ)に対して弱者的立場にある国民(ヒツジたち)の援護をするために行動し、彼らの主張(許可や認可を出して!)が聞き入れてもらえるように手助けする<国民のサポーター>ということができます。
そのほかにも、仕事の範囲はたくさんあり、建設業者や飲食店、風俗営業店など、規模の大小にかかわらず、国民ひとり1人のサポーターとしての役割を担っているのです。
  office 大阪市中央区南船場1丁目11−9 長堀八千代ビル2F
t e l  06-6271-1081  I P phone  06-6271-1082 f a x  06-6271-1083
e-mail info@koh-office.com